MENU

【お金の勉強】「ビットコイン」から学ぶ「お金」の不思議。

お金
どうかちゃん

最近、「ビットコイン」のCMが多いよね?

ぎんかくん

そうそう!でも、「ビットコイン」って何だかよく分からないんだよね!

こいんさん

確かに最近知られるようになった「ビットコイン」。
実は、その成り立ちを知っていくと、とってもおもしろいんだ!!

・「ビットコイン」って何だろう?
・「ビットコイン」ってどうしてこんなに話題になっているの?
・「仮想通貨(暗号資産)」っていうけど、本当に「お金」なの?

こんな疑問にお答えします。

目次

「ビットコイン」に学ぶ、「お金」の不思議

「ビットコイン」の革命的な価値とは。

まずは、「ビットコインとは何者なのか?」についてさらっと学習していきましょう。

むずかしいことを言い出すと、どこまでも掘り進めることができるので、一言であらわすと、

「世界中の人が共通の価値で取引できるお金」

と言えるでしょう。

「いやいや、お金が世界で使えるなんて当たり前でしょう。」とお思いのあなた。

ちょっと立ち止まって考えてみてください。

例えば、日本からアメリカへ旅行へ行きました。「さて、おいしいご飯でも食べましょう。」と思い立ったあなた。

料金の支払いは、どんなお金を使いますか。

そう、アメリカであれば「ドル」を使いますよね。しかし、日本では「円」を使ってるはずです。

このように、「お金」というもの自体が使われている国はたくさんありますが、「それぞれの国が別々のお金を使っている状態」というのが、現在の世界なのです。

どうかちゃん

なるほど!
でもさ、それぞれの国が別々の「お金」を使っていると何が問題なの?

ぎんかくん

確かに!問題点はなさそうだけれど・・・。

「お金」を「世界共通」にすることのメリットとは。

「ビットコイン」というのは、「世界共通のお金」と書いてきましたが、日本に住んでいるとそのメリットは見えにくい部分があるかもしれません。

というのも、日本という国は、世界トップレベルで平和な国であると言われているだけに「お金の安全性」もトップレベルです。

・偽札が出回りすぎて「お金」が本物なのかどうか分からない。
・ATMが破壊されて、「お金」が持ち逃げされてしまった。
・一杯のコーヒーが100円から2000円に値上げ。

このようなニュースは、日本国内では聞いたことがありませんよね。

しかし、世界のとある地域では、実際に起こってきた出来事なのです。

このように、「お金」というのは、その国の現状に影響され、様々な問題を引き起こす可能性があるのです。

しかし、このような問題を「ビットコイン」は解決することができます。

ただ、このような極端な問題は、日々の生活の中ではなかなか起きませんよね。

もっと、日常に即したある問題を「ビットコイン」は解決してくれる可能性を秘めているのです。それは、

「国外送金を手軽に安くすることができる。」

というメリットです。

現在、「日本から別の国へ『お金』を送りたい!」と思った時、銀行を経由して送ることになっています。そこに、利用者としてはちょっといただけない部分があるのです。それは、

「手数料問題」

なのです。

当たり前のように行われていますが、「自分のお金を家族へ送金する」という手続きに、「手数料がとられる」ということには若干の疑問が残りますよね。

このような複雑な問題を解決するには、

「世界共通でいつでもどこでも取引できる『お金』を作ってしまえばいいじゃないか!」

というこの「ビットコイン」というプロジェクトが、大きな役割を果たすのです。

ぎんかくん

確かに!!
世界中どこにいても、「お金」の価値が同じということはいいよね!!

どうかちゃん

じゃあさ、「ビットコイン」は、どこの国が管理しているの?

こいんさん

いい質問だね!!なんと「ビットコイン」は、「世界中のみんな」で管理しているんだ!!

どうかちゃん

えっ・・。「みんな」?どういうこと?

「ビットコイン」は、「みんな」で管理している?

「ビットコイン」最大の特徴は、

「特定の管理者がいない。」

ということでしょう。

これは、「ブロックチェーン」という技術がもとになっているのですが、「ビットコイン」は、世界中にいる「協力者」によって管理されているのです。

これまでの「お金」は、「国」が中心になって管理していたため、その「国」の方針によって総量が管理されていました。しかし、「ビットコイン」を管理しているのは、「みんな」のため、一つの国の事情に左右されることはありません

さらに、「みんなで管理している」ことから、「不正ができない」というメリットもあるのです。

どうかちゃん

ちょっと待って!「国」で管理していないのに、「お金」ってできるの?

こいんさん

それもするどい気づきだね!
実は、そこが「ビットコイン」の一番おもしろいところなんだ!

「ビットコイン」が「お金」になるまでの経緯。

今では「お金」として多くの人に認識されつつある「ビットコイン」ですが、生まれてからそれほど経っていません。

生まれるきっかけを作ったのは、2008年、「サトシ・ナカモト」という名前で発表された論文でした。2009年には、「ビットコイン」のソフトウェアをネット上に発表し、運用が開始されました。

その論文をもとに実際に「ビットコイン」というプロジェクトが開始され、実際におもしろがった人たちが既存の「お金」と交換をして持ち始めたのです。

ぎんかくん

えぇ・・・。僕だったら「お金」がなくなっちゃいそうでできないな。

どうかちゃん

そうだよね。ちょっと心配だよね・・・。

こいんさん

もちろん!論文が発表された当時の「ビットコイン」は、世界でもほとんど知られていなかったし、実際にもっている人も多くなかったんだ。

実際に使うことができる「お金」として認識されたピザ事件。

「ビットコイン」というシステムができたものの、一部のマニアックな人のマニアックな持ち物としてしか存在していなかった「ビットコイン」。しかし、ついに「お金」として認識されるある出来事が起きました。

それは、

「ビットコインでピザを2枚購入した人がいた!」

という大事件でした。

もちろん、「お金」としてスタートはしていますが、

「実際に、何が買えるんだ?」
「お金としての価値はいくらなんだ?」

というような部分は、はっきりとしませんでした。

しかし、2010年5月にアメリカのプログラマーが「1万ビットコインでピザ2枚を購入した!」というニュースが出たときから、

「あぁ、1万ビットコインってピザ2枚くらいの価値なんだね。」

という認識が一気に広まったのです。

このような経緯を経て、次第に「ビットコインのお金としての価値」が認識されていったのです。

爆上がりする「ビットコイン」の価値。

「ピザが買える」ということが認知された「ビットコイン」ですが、その「しくみ」や「将来性」に希望を見いだした投資家たちが次々と「ビットコインを所有する」というニュースが報じられました。

・マイクロストラテジー社が「ビットコイン」を購入。
・アメリカの保険会社が「ビットコイン」を100億円分購入。
・テスラ社が「ビットコイン」購入。

このように、個人だけでなく、社会的に大きな影響のある会社が「ビットコイン」を購入したことにより、「ビットコイン」の認知度が大きく広がっていきました。

最近では、「給料や退職金をビットコインで支払う」と発表した会社が出てきたり、「国」が「『ビットコイン』を正式の『お金』として認めるというニュースが出されて話題となりました。

こいんさん

ある国では、「ビットコイン用のATM」ができたよ!

ぎんかくん

そんなに使われているなんてびっくりだなぁ!

こいんさん

ただ、メリットがあれば、デメリットもあるから注意だ!!

「ビットコイン」のデメリットとは。

ここまで「ビットコイン」が世界にもたらした「希望」の側面について中心に書いてきましたが、よい面ばかりだとは言い切れません。

・マイニングによる環境への影響。
・国による規制。
・変動の激しさ。

このような問題が、世界をざわつかせています。

「マイニング」が「環境」へ与える影響とは。

「マイニング」について詳しく知りたい方は、別記事を読んでいただけたらと思いますが、ざっくり説明すると、

「『ビットコイン』を管理しようと思うと、大きな電力を消費する。」

と言われています。

簡単にいうと、「たくさんの性能の良いコンピューターが必要である」という理由からなのですが、もちろん「コンピューターを動かそうとすれば電気が必要」ですよね。

そして、その電気は、さまざまな発電方法によって供給されています。昨今では、SDGsが巷を席巻しているので、みなさんも「節電」を気にかけることもあるでしょう。そんな時代において、「大きな電力を消費する必要のあるビットコインってどうなの?」という問題が世界的にも話題になっているのです。

「ビットコイン」が国によって「規制」される理由とは。

「電気量」による問題に触れましたが、それを理由の1つにして「ビットコインを禁止にしよう」という国の方針も出てきています。

「ビットコイン」最大の特徴は、

「何によっても規制ができないこと。」

にあります。「みんな」で管理していることが「使いやすさ」を提供しているのです。

しかし、国の方針によっては、「しっかりと管理したい」という考えを抱く場合もあるでしょう。そのように「がっちり管理型の組織」には、この「自由な共有資産」は方針に合わないのかもしれません。

もちろん、「ビットコイン」を国の正式通貨として採用してしまうようなフランクな国もあるのが実情ですから、「ビットコイン」が国の方針を揺るがすような価値を提供するものであることは間違いのない事実ですね。

「ビットコイン」の変動の激しさとは。

「ビットコイン」最大の特徴であり、「危険性」でもあるところは、

「変動の激しさ」

にあります。

当初「ピザ二枚」の価値からスタートしたビットコインは、2018年には、なんと「200万円」に到達しました。

ぎんかくん

ピザ2枚から200万円!!!

どうかちゃん

最初から持っていた人は、びっくりしただろうね!!

さらに、驚くべき事態が続きます。そのまま、「ビットコイン」の価値は上下しつつ、2021年は、「700万円」にまで到達するのです!!

ぎんかくん

700万円は、あり得ないでしょ!!

こいんさん

そうそう!!「普通」の「お金」の価値ならあり得ない!!

「ビットコイン」最大の特徴である「中心になって管理する組織が存在せず、みんなで管理する」という性質上、

ほしい人が増えると、価値が上がる。」

ということがダイレクトに「価格」に反映します。

その結果が、「700万円台突入」という結果を招いたのです。

しかし、ここからが注意点。「暴落」ということを知っておかなければなりません。

この記事を書いている2022年1月には、「300万円台」まで価格が落ち込んでいます。

ぎんかくん

リライトした2月には、500万円台になったよ!!

こいんさん

この「流動性の激しさ」が「ビットコイン」なんだよね・・・。

とにかく「上下が激しい」ということは、覚えておきましょう。

「ビットコイン」は、「市場」と「価格」の【しくみ】を学ぶのに最適。

ここまで、「ビットコイン」についてざっくりまとめてきました。

この記事で伝えたいのは、「ビットコイン」を買うか買わないかという話ではありません。

「ビットコインの『しくみ』というのは、これまでの歴史を変えるかもしれない。」

という「可能性にあふれた出来事である」ということなのです。

長く短い人生の中で、「世界のしくみに」ダイレクトに切り込むレベルの変革はなかなか起こらないでしょう。

ぜひとも、「ビットコイン」という可能性あふれる事象を追いかけつつ、この「しくみ」が「世界をどのように変えていくのか」を目撃しようではありませんか!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

3人のパパであり、アラフォーフリー教師。仕事でのスキルアップのために転職を考えるが、家族との時間をトレードオフすることに疑問を抱き、資産形成方面へ舵を切る。子育てからの卒業までをゆったり資産形成にあて、第2の人生を計画中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次